コラム

コラム:雨のマラソン大会対策(vol03.コラム)

コラム:マラソン大会のトイレ事情(vol03.コラム)

メッツ値とエクササイズについて(vol01.スポーツ前後の心得)

レース当日の過ごし方(vol02.初めてのフルマラソン)

レース前日の過ごし方(vol02.初めてのフルマラソン)

スポーツ前後の心得(vol01.スポーツ前後の心得)

マラソンの必要なグッズ(vol02.初めてのフルマラソン)

コラム一覧

なんでもレビュー

Tarzan (ターザン) 2012年 2/23号 (ランニングドリル)


発売日: 2012年2月 9日
価格: 550円
発売元(出版社、メーカー): マガジンハウス

誰でも速く走れる骨ストレッチ


発売日: 2011年7月 1日
価格: 1575円
発売元(出版社、メーカー): 講談社

OUTDOOR STYLE GO OUT 2011年 07月号


発売日: 2011年5月30日
価格: 680円
発売元(出版社、メーカー): 三栄書房

ランドネ 2011年7月号 No.17


発売日: 2011年5月23日
価格: ¥680 (税込)
発売元(出版社、メーカー): エイ出版社

東京歴史さんぽ


発売日: 2011年5月19日
価格: 590円
発売元(出版社、メーカー): ぴあ

東京みちくさ猫散歩


発売日: 2011年5月17日
価格: ¥ 1,470
発売元(出版社、メーカー): 日本出版社

ひざのスポーツ障害を自分で治す本


発売日: 2011年5月14日
価格: 1470円
発売元(出版社、メーカー): マキノ出版

製品レビュー 一覧

ブックレビュー 一覧


イベントレポート:第3回三浦半島縦断トレイルラン大会(2013.02.16)

2/16三浦半島縦断トレイルランニング大会に参加しました。
気温は2度。この日の参加者は1000人。
距離は44キロのトレイル。
大きな山はないものの、小さい山を登ったり降りたりの繰り返し。
制限時間は9時間。
さあて、どんなもんでしょう。

20130216-001.jpg
スタートは三浦海岸。
20130216-002.jpg
しばらく砂浜を走ります。
しかし、この砂浜がくせ者。
足が取られるは、海岸線、風は強いし、寒いし。
走りづらいのです。。
20130216-003.jpg
1キロちょっと走ったらいよいよ山の中へ。
山の中は前日の雨で、地面がぬかってます。。
登りづらいし、下りもつらい。
すべるし、水が溜まってたり、泥だらけだったり。
あーもう、ストレス><

だから、ところどころで渋滞でした。

でも小高い山は景色がいい。
これが、トレランの楽しみの一つです。
20130216-004.jpg
20130216-005.jpg
20130216-006.jpg

今回の特徴は山と山の間は住宅街を通り抜けたりします。
ですので自販機やコンビニがあるので、途中で食料や飲み物をゲットできるのです。
これは走るものにとってありがたいことなのです。
特に長丁場のレースだけに、補給食も大事なのです。

もう一つ特徴は道に迷いやすい。
ボランティアの数も多くないし、多少の目印はあるものの、山の景観や自然に手を入れないと考えると案内はそこそこなので、地図を頼って戻ってきなさというのが、趣旨でもあります。
なのでところどころ間違ってしまいまいました。

ここは鎌倉アルプスの天園休憩所です。
20130216-007.jpg
前半、のんびり走ったので、後半になってもちゃんと走れていました。
そして、ゴール。
7時間59分。辛くも8時間切り。
フィニッシュ後、笑顔作れませんσ^_^;

20130216-008.jpg
ま、がんばりました。





第4回神流マウンテンラン&ウォーク

万場宿・神ヶ原宿から地域の心象風景・御荷鉾山、赤久縄山、南小太郎山そして天空の持倉集落へ
   この種のレースには珍しく、御荷鉾山系の山々の懐に抱かれ昭和レトロの雰囲気を残す神流町中心市街地・万場宿と神ヶ原宿を発着点としています。
 万場宿をスタート後、神流川のほとりから埼玉県境の父不見山へと、一気に標高1,000mまでのアップダウン。再び万場宿から奴郷平を抜け万場の裏山に 飛び込むと藪山の世界が広がり、 か細い古い急な山道が桐ノ城山まで続く。山の神、不動尊、石仏、天狗様等の信仰の対象が数多く点在し人々の心のよりどころとなっている御荷鉾山系の山々を 抜けると、標高1,000mの天 空の里・持倉集落が突然、桃源郷のように現れます。一方、神ヶ原宿から峡谷の里・橋倉から天空の里・持倉へと二つの「倉」を結ぶ小太郎尾根越えを一気に越 えると、持倉のエイドが待 っている。そして、西上州らしいのどかで落ち着いた樹林の中を爽快に走り抜け再び万場宿へ。
 群馬県の南西部に位置する神流町は奥多野と呼ばれ、東京から自動車で2~3時間という近距離にありますが、1,000m級の西上州の山々と関東一の清流 「神流川」、急峻な段々畑の風景な ど、日本の原風景とも言える山村の懐かしい景観が残っています。この豊かな自然の中に、60軒以上の商店等が立ち並ぶ昭和レトロの町並みの「神流町万場 宿」があります。
 父不見山・西御荷鉾山・赤久縄山は「ぐんま百名山」に名を連ねる神流町有数の登山コース、でも、登山道と登山道を結ぶルートは、地元の人しか知らない古 道です。また国土地理院の地 形図で最も峠の記載が多い地図は神流町がすっぽり入る「万場」の地図といわれている。「峠のくに」、奥多野神流町。ルート上から見える谷間には、集落や生 活道が目に入り、常に人と里 に繋がっていることを感じることができます。あなたも、藪山・岩山・峠・信仰の宝庫と言われ、独特な風景が広がる西上州の山々を心ゆくまで満喫してくださ い。

トレイルランナー 鏑木毅氏がプロデュース
   世界最高峰のトレイルランニングレース「ツール・ド・モンブラン2009」で3位入賞を果たした日本の第一人者、世界有数のトレイルランナー鏑木毅氏。 その彼が、過疎に悩む神流町の活性化の一助として、地域の人々と一緒になって、神流町をまるごと体感できるすばらしいトレイルランニングレースを企画しま した。大会前日には鏑木氏によるトレイルランニングクリニックやレース攻略のためのコースガイダンスも開催します。

大会要項

 開催日 平成24年11月11日(日) (前夜祭10日)
 メイン会場 群馬県多野郡神流町万場中心市街地
 主  催 神流マウンテンラン&ウォーク実行委員会
 特別協賛 (株)ゴールドウイン "THE NORTH FACE "
THE NORTH FACE 100 Japan in KANNA として開催
 協  賛   未  定
 クラス
クラス距離定   員
スーパーシングル50km100人
スーパーペア50km100人 (性別不問、50組)
ロング40km300人
ミドル27km200人


第9回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ42.195km

奥武蔵の峰々をつなぐ「奥武蔵グリーンライン」。心地良い汗と共に、走り抜けてください.

開催日 2012年10月21日 (日)
開催地 埼玉県(日高市)
主催 スポーツエイド・ジャパン
種目・参加資格 42.195km 男女中学以上
制限時間:関門2カ所あり
参加資格備考 スタートは7:30~9:00ウエーブスタート。16:00競技終了
参加料 3500円 参加賞なし3000円
事務局締切日 2012年8月17日 (必着)
受付時間 6:30~8:30
受付場所 高麗神社
開会式時間 なし
スタート時間 7:30(42.195km)
スタート場所 高麗神社
フィニッシュ場所 旧芦ケ久保小学校
参加賞 Tシャツ
URL http://sportsaid-japan.maxs.jp/


イベントレポート:フォトロゲ高麗

フォトロゲ?
なにそれ?
そんなかたのために、イベントレポートを書きたいと思います。

ロゲイニングという競技があります。
それは地図とコンパスを使って、時間内にあらかじめ設定されているポイントを回る競技です。
沢山回った人が勝ちですが、各ポイントには点数が設定されています。難しいポイントは高得点です。

基本的にはチーム制で、前もってどのルートを通って回るとロスなく、高得点をマークできるかなど、戦略を立ててすすめるものです。

今回はポイントで写真を撮影するという決まりになっており、フォトロゲイニングを縮めてフォトロゲと呼んでいるようです。

さて、今回舞台となったのは、高麗(こま)。
埼玉県の飯能から3駅きたところです。
(ウチから2時間以上w)

続きを読む: イベントレポート:フォトロゲ高麗


イベントレポート:モントレイル/MHWトレイルランニング講習会@表丹沢

梅雨という季節の中、友人に誘われてトレイルランの講習会に行って来ました。

表丹沢。

なんか山登り雑誌でよく見る名前。
登山歴0年。トレイルラン歴6ヶ月のワタクシにとっては憧れな感じです^^/

ただ、前日までの大雨のため、17キロの予定ルートを変更して11キロ程度の講習となりました。

スタート地点は自転車乗りなら超有名なヤビツ峠のルートの途中地点です。

今回、お世話になるのはネイチャーシーンというアウトドアイベントを企画している団体です。

参加料を支払い、ミーティングして、準備運動をしたらスタートです。
自己紹介を聞いていると、トレイル初めての方が多かったですね。

まずは登りなのでゆっくり登りって行きます。
トレイルランだからといって、登りはあまり走って登りません。

IMG_0563.jpg


少し登って小休憩をとります。

続きを読む: イベントレポート:モントレイル/MHWトレイルランニング講習会@表丹沢


イベントレポート:第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン

前日の春の嵐で、どうなることかと思いましたが、ワタクシ友重は晴れ男なので、朝から快晴!^^/なのです。
でも走るのは山道。足下が悪くなっていないかが心配でした。
替えのシューズを持っていくか迷いましたが、荷物になるので結局トレイルシューズ1本で行きました。

集合場所は青梅駅から徒歩10分のところにあるそうで、駅を降りてそれらしい集団についていくと、トレイルランの前に山登りでした。
IMG_0313.jpg
こんな所を登り降りすること10分。

続きを読む: イベントレポート:第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン


2012/04/01(日)第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン(東京都)

皆さんの参加費の一部は東日本大地震の復興義援金に寄付されます。 「トレランの町青梅」と呼ばれるようになった切っ掛けを作った大会で、今年で14年目を迎える。大会会場はJR青梅駅から徒歩10分と云う好立地にありながらコースは本格的な東京の大自然を堪能することができる。また、地域の人たちのサポート体制が素晴らしい大会。

http://www.kfctriathlon.jp/html/event_trail.html


2011/12/11(日)第5回お宝登山・長瀞アルプストレイルレース(埼玉県)

第5回お宝登山・長瀞アルプストレイルレースが今年も開催されます。
今年は距離が2km伸びて、昨年よりハードになりましたが
レースの後の充実感はレベルアップしました。

続きを読む: 2011/12/11(日)第5回お宝登山・長瀞アルプストレイルレース(埼玉県)


ランドネ 2011年7月号 No.17

今回は、女子のための「富士登山」特集です。ご来光を見るために頂上を目指したランドネ登山隊の、リアルなレポートをお楽しみください。また、「日本人なら一度は富士山に登っておくべき!」と言われるワケを、富士山を愛する方々に伺いました。ほかにも、登山の前に確認しておきたいルートや時期、持ち物をはじめ、山小屋情報、ショップがおすすめするコーディネートなど、富士登山のためのすべてをお伝えします。第2特集は「アウトドア女子の写真講座」。きれいな花、すばらしい景色、気持ちのよい青空など、山にはシャッターチャンスがたくさんあります。「だけどワタシ写真ヘタだし...」、とあきらめていませんか? そんな人のために、山での写真撮影のコツから、楽しい思い出をきれいに残す方法までを一挙に紹介します。


続きを読む: ランドネ 2011年7月号 No.17


旅の手帖 2011年6月号(日本の世界遺産)

【目次】

巻頭特集
暫定ふくめ28件総ざらい
「今こそ、日本の世界遺産」

【日本の世界遺産掘り下げ隊】
自然環境と見事に調和した美しき建築
●厳島神社(広島県廿日市市)
かつて世界の銀の3分の1を産出した鉱山
●石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県大田市)

世界も認めた私たちのお宝改めましてのご紹介
・日本の世界遺産
専門家に聞く 世界遺産のこと
・日本イコモス国内委員会委員長・西村幸夫interview

【暫定遺産掘り下げ隊】
20世紀の巨匠が生んだ無限に成長する美術館
●国立西洋美術館・本館(東京都台東区)
価値遺産も規模もピラミッド級!
●百舌鳥・古市古墳群(大阪府堺市・羽曳野市・藤井寺市)

あとはプレゼンの出来次第?登録を待つお宝の数々
◎日本の世界遺産暫定リスト
カメラマン、ライター、読者が個人的に推薦
◎勝手にMy世界(日本)遺産100
●日光市 世界遺産めぐり

続きを読む: 旅の手帖 2011年6月号(日本の世界遺産)


1  2  3