コラム

コラム:雨のマラソン大会対策(vol03.コラム)

コラム:マラソン大会のトイレ事情(vol03.コラム)

メッツ値とエクササイズについて(vol01.スポーツ前後の心得)

レース当日の過ごし方(vol02.初めてのフルマラソン)

レース前日の過ごし方(vol02.初めてのフルマラソン)

スポーツ前後の心得(vol01.スポーツ前後の心得)

マラソンの必要なグッズ(vol02.初めてのフルマラソン)

コラム一覧

なんでもレビュー

Tarzan (ターザン) 2012年 2/23号 (ランニングドリル)


発売日: 2012年2月 9日
価格: 550円
発売元(出版社、メーカー): マガジンハウス

誰でも速く走れる骨ストレッチ


発売日: 2011年7月 1日
価格: 1575円
発売元(出版社、メーカー): 講談社

OUTDOOR STYLE GO OUT 2011年 07月号


発売日: 2011年5月30日
価格: 680円
発売元(出版社、メーカー): 三栄書房

ランドネ 2011年7月号 No.17


発売日: 2011年5月23日
価格: ¥680 (税込)
発売元(出版社、メーカー): エイ出版社

東京歴史さんぽ


発売日: 2011年5月19日
価格: 590円
発売元(出版社、メーカー): ぴあ

東京みちくさ猫散歩


発売日: 2011年5月17日
価格: ¥ 1,470
発売元(出版社、メーカー): 日本出版社

ひざのスポーツ障害を自分で治す本


発売日: 2011年5月14日
価格: 1470円
発売元(出版社、メーカー): マキノ出版

製品レビュー 一覧

ブックレビュー 一覧


イベントレポート:湘南国際マラソン(フル)

IMG_1067.jpg

秋の大人気マラソン大会「湘南国際マラソン」に参加してきました。
走るレポーター「びわ」です。
なんとフルマラソンに18000人も集まりました〜。

スタートには健介と北斗晶夫妻が応援に。右の青い人は寛平ちゃんです。ニューバランスだからかな〜。


とはいえ、まずは湘南国際までの道のりを紹介します。

場所は大磯ロングビーチなのですが、JR大磯駅(またはJR二宮駅)まではこんな電車があります。
IMG_1060.jpg
「湘南国際マラソン1号」東京駅5:55発!早!

駅についたら、シャトルバス(無料)で現地に向かいます。
応援の人も入れると20000人以上の人が現地に向かっています。
大変な混雑具合です^^;;

IMG_1061.jpg
とはいえ、いったん人がはけるとこんなにさみしい駅(大磯駅)なのですが。。
二宮駅はもう少し大きな駅です。

会場に着くとまずチェックするのはトイレ。

トイレは参加人数の割にはスムーズだと思います。
時間がなくてトイレ以外はチェックできず。。
ぱっとみましたが、食べるお店やグッズを販売しているところも結構あります。
しかし、人が多くゆっくりしている暇はありませんでした。
とりあえず、ゴールの写真をぱちり。
IMG_1062.jpgのサムネイル画像


そんなことをしているうちに着替えと荷物預けに時間がかかりスタート時間が近づいてきました。

ちょっと曇り気味の湘南。
時折薄日も射しています。
IMG_1063.jpg

さて、そろそろスタート。行ってきます。
スタートを待つ人たちはこんな感じ〜
IMG_1064.jpg

そして健介と北斗晶に見送られて、フルマラマラソンが始まりました。

自分のとって3回目のフルマラソン。
今日はどんなレースができるのでしょう。

だいたい毎年10月くらいからランニングを始めるので11月の初旬というと脚が全然できていいない状態なのですーー;(言い訳ですが。。)

でもとりあえずの目標は2つあります。
まずは「歩かない事」
過去2回のフルマラソンでは30キロを過ぎると脚があがらなくなり、走れなくなってしまいました。まずは最後まで走りきる事です。
もうひとつの目標は4時間30分を切る事。
時間の目標はあわよくばという目標なのですが、とりあえずの時間設定でペースを作ります。

湘南国際マラソンの特徴はエイドの多さ。
42キロの間に11カ所のエイドがあります。
なので、すくなくとも飲み物は持たなくても大丈夫。
おなかが空く人は何か食べるものを持った方がいいかもしれませんが、なくても食べ物は結構あります。

コースは海沿いなので風が強いか日差しが強いなど気象条件は気になるところ。
この日はほぼ無風。天気は薄曇り。気温は17〜18度くらい。
走るにはちょっと気温が高いものの、風がないのは助かりました。

あとは橋を渡ったりする事も多く、アップダウンが気になる人は憶えておいた方がいいです。

折り返しは2カ所18キロくらいの江ノ島と40キロ手前です。
40キロ付近に最後のエイドがありますので、ここまでがんばれれば、あとはゴールが目の前という事になります。

途中4時間30分のペースメーカーに抜かれましたが、グロスタイムのペースメーカーですよね?
それってあまり意味がないと思いました。
われわれ、ネットタイムで走っていますから。
スタートは20分くらい遅れていますので。

さて、僕のこの日の走りですが、10キロくらいですでに脚にきてしまい、最後まで粘れるか不安でしたが、エイド以外では最後まで歩く事なく、走りきりました。
その結果、手元の時計で4時間35分くらい。
完走証は1ヶ月後に送付されるという事なので、正確なタイムはわかりません。
でも1つ目の目標はクリア。タイムの目標は5分及ばず。次の課題となりました。

そして、完走した人に送られるフィニッシャーメダルです。
IMG_1068.jpg
帰りはシャトルバスに乗るのに20〜30分待ち。
JR東海道線や湘南ラインは結構本数があるのでよかったです。
まあ、いまフルマラソンを走るにはいろいろと工夫や困難を超えないとダメですね。
マラソン人気はどこまで続くのでしょう。。

僕は思います。
「フルマラソンはヒルクライムもよりもつらいぞ〜。」と。

でもまた走ってしまうのです。

2012年11月 5日