コラム

コラム:雨のマラソン大会対策(vol03.コラム)

コラム:マラソン大会のトイレ事情(vol03.コラム)

メッツ値とエクササイズについて(vol01.スポーツ前後の心得)

レース当日の過ごし方(vol02.初めてのフルマラソン)

レース前日の過ごし方(vol02.初めてのフルマラソン)

スポーツ前後の心得(vol01.スポーツ前後の心得)

マラソンの必要なグッズ(vol02.初めてのフルマラソン)

コラム一覧

なんでもレビュー

Tarzan (ターザン) 2012年 2/23号 (ランニングドリル)


発売日: 2012年2月 9日
価格: 550円
発売元(出版社、メーカー): マガジンハウス

誰でも速く走れる骨ストレッチ


発売日: 2011年7月 1日
価格: 1575円
発売元(出版社、メーカー): 講談社

OUTDOOR STYLE GO OUT 2011年 07月号


発売日: 2011年5月30日
価格: 680円
発売元(出版社、メーカー): 三栄書房

ランドネ 2011年7月号 No.17


発売日: 2011年5月23日
価格: ¥680 (税込)
発売元(出版社、メーカー): エイ出版社

東京歴史さんぽ


発売日: 2011年5月19日
価格: 590円
発売元(出版社、メーカー): ぴあ

東京みちくさ猫散歩


発売日: 2011年5月17日
価格: ¥ 1,470
発売元(出版社、メーカー): 日本出版社

ひざのスポーツ障害を自分で治す本


発売日: 2011年5月14日
価格: 1470円
発売元(出版社、メーカー): マキノ出版

製品レビュー 一覧

ブックレビュー 一覧


イベントレポート:第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン

前日の春の嵐で、どうなることかと思いましたが、ワタクシ友重は晴れ男なので、朝から快晴!^^/なのです。
でも走るのは山道。足下が悪くなっていないかが心配でした。
替えのシューズを持っていくか迷いましたが、荷物になるので結局トレイルシューズ1本で行きました。

集合場所は青梅駅から徒歩10分のところにあるそうで、駅を降りてそれらしい集団についていくと、トレイルランの前に山登りでした。
IMG_0313.jpg
こんな所を登り降りすること10分。


着きました〜。


IMG_0304.jpg
定員は30キロ、1500人。15キロ、1500人なので3000人あまり来ているのではないかと思います。

山はテンションあがりますね〜。
友重は15キロのコースを走ります。

受付は地元?のオバチャンたちが対応してくれてました。
売店も数店あり、ウェア、シューズ、アイテムなどすべてそろいそうでしたね。
結構安売りもしていたので、次回は少しお金もっていこうかな。
更衣室はあったかどうか確認しませんでした。
トイレは相変わらず、行列は長かったです。
スタートが早い、30キロの人は慌てて前に人に譲ってもらいながらトイレを急いでました。

30キロのスタートです。(実はトイレに並びながらの撮影です^^;)
IMG_0307.jpgIMG_0308.jpg

さて、自分もそろそろ準備をしないと。
今日もエコバイクジャージで走りますよ〜。着替えていたらつくしを見つけました。春ですね〜。
IMG_0305.jpgIMG_0306.jpg

さて、そろそろスタートです。
今日はどんな山道かな〜。楽しみ^^/
IMG_0309.jpg

給水は7キロ地点に1カ所あるだけで、自分で用意した水でまかなわなければなりません。
多く人がトレイルラン用のバックパックにドリンクを入れて、走っています。
僕はラン用のウェストバックに500ccのアミノバリューとコンビニで買ったつぶした梅干しを入れて走ります。
スタート後、最初の6キロくらい登りが続きますが、急勾配も多いので、かなり息が切れます。

スタート直後に1カ所渋滞しましたが、それ以降は道も細いながらスムーズなレース運びができました。
ただ、本当に道が細い場所で対面に走るところがあり、非常に危険を感じました。
運営側には今後検討していただきたいところです。

途中、ロープを使って急降下する場所があり、トレイルランというよりアドベンチャーになってました。
でも頂上から見晴らしは最高です。
IMG_0310.jpgIMG_0311.jpg
山っていいなあ。

ここからはラスト6キロ。
元の道を戻るだけです。

がんばってがんばってハシリました。
IMG_0312.jpg
ゴール付近はこんな感じ。

そして、1時間55分ちょっとでゴール。
この時点で成績表もでないので、遅いのか早いのか、オレが誰なのか?全くわかりません。
終わったらオレンジと水の振る舞いがありました。
オレンジはかなりおいしかったです。

感じたのが女子が多い事。3割くらいが女子。マラソン大会よりも女子率が高いような気がしました。
少なくともマラソン大会よりもトレイルランの方がハードです^^;

さて、レース終了後、あの山道をたどって駅に向かうのでした。
お疲れさまでした〜。

翌日にはホームページから成績が見れます。
記録1:56:05
順位 386位/898人中

トレイルランというものが3回目にしてやっとわかってきました。
登りでも走らない人が多くいます。
下りはかなり速い人がいます。
メリハリが大事です。
下りが速い人、登りが得意な人、平地が速い人のうち何か得意があるとタイムが稼げます。
次回はもう少し長い距離で自分を試してみようかなと考えてます。


ということで、次はどこを走るか未定です。。。
とりあえず秋のフルマラソン目指してます。 

2012年4月 2日